第29回福岡アジア映画祭2015

今年は、29年目! 毎年夏、山笠の季節、
ボランティアの手で企画・運営されている福岡恒例の市民イベント

第29回福岡アジア映画祭2015

2014年7月3日(金)~7月12日(日)
7月3日(金)~7月5日(日)天神・西鉄ホール(ソラリアステージビル6F)
7月12日(日) アンスティチュ・フランセ九州5Fホール(地下鉄・赤坂駅付近)

『カーサ・アモール/アダルト・グッズの女たち』
Casa Amor : Exclusive for Ladies 韓国・2014年・112分 監督:チョン・ボムシク

おもちゃ会社をクビになったキャリアウーマンのボヒは、スタイル抜群なナンヘと一緒に、アダルト・グッズの店をやることになる。それまで、路地裏で隠れてやっていた地味な店だったが、明るくかわいい雰囲気にイメチェン。それが思わぬ大成功になり、…。かなりエッチな大人のラブコメ。(PG18青少年不適)日本初公開!
               
『ヘルモニ/地獄からのおばあさん』
Granny’s Got Talent 韓国・2015年・108分 監督:ソン・シフプ 
 刑務所から出て来た訳ありおばあさんは、自分がかつて捨ててしまった息子の家に家政婦として潜入する。ところが、彼女の啖呵を聞いたTVのディレクターに「悪口バトルコンテスト」の番組に出場させられ、みるみるうちにチャンピオンにのし上がり、人気者に…。韓国のとんでもない悪口バトルに驚くな!日本初公開!

『ダイビング・ベル/セウォル号の真実』(再編集版)
The Truth Shall Not Sink with Sewol 韓国・2014年・77分 監督:イ・サンホ、アン・ヘリョン

2014年4月16日に起きた “旅客船セウォル号沈没事件”の真相究明のために制作されたドキュメンタリー。ペンモク港に着いたイ・ジョンインは、潜水機器ダイビングベルの使用を提案する。しかし、海洋警察は、現場への進入を許可しない。そして無駄な時間が過ぎていった…。日本初公開!

☆ネパール大震災支援特別上映
『ネパールの首飾り』The Necklace

ネパール・2014年・83分 監督:グルン・ルドラ・バハドゥール

ポカラからバスに乗った男は、途中、ケータイを落とした女性と親しくなり、旅を共にする。しかし、男の目的は、ムスタン山岳に住むドマという女性の首にかけられた価値のある首飾りだった。ネパールの美しく壮大な風景の中で繰り広げられるラブ・ミステリー。日本初公開!

『熊野修験』Kumano Shugen
日本・2015年・86分 監督:田中千世子

 2014年、世界遺産登録10周年を迎えた熊野の山々を修験者たちが黙々と登っていく。そして、靡き(なびき)と呼ばれる霊場ごとに、経を唱え、ホラ貝を吹き鳴らす。見ている観客も、まるでサポータースタッフのような疑似体験が出来るドキュメンタリー。日本初公開!

『なるしまフレンド レーシングチームの記録
2014 Tour de 熊野』Narushima Friend Tour de Kumano 日本・2014年・47分 監督:田中千世子

毎年紀伊半島の和歌山県東部と三重県南部で繰り広げられる国際自転車レース、<Tour de 熊野>は、ロードバイクが熊野の霊地を走り抜けるユニークなイヴェントだ。丸山千枚田を登る自転車集団は、現代の修験者のよう。

『Oh Lucy!』Oh Lucy!
日本・シンガポール・アメリカ 2013年・21分 監督:平柳敦子

東京で働く独身のオフィスレディ、節子。変わった若い英語教師からブロンドのウィッグと新しい自分“ルーシー”をもらった彼女は、それまで知ることのなかった欲望を目覚めさせていく…。桃井かおり主演で、カンヌ映画祭受賞の傑作短編。

『Four Years On』Four Years On
日本・2015年・20分 監督:早川久美子

東日本大震災をきっかけに出現したストリート・アーティスト、281_Anti nukeのドキュメンタリー。福島原発事故、放射能汚染、東京電力、日米政府などをモチーフにした絵を渋谷の街中に貼り付ける、今、最も“過激”なアーティストだ。

 
◎福岡アジア映画祭基金にご協力を!
私たちの「福岡アジア映画祭」は、多くのボランティアと地元企業を始め
とするさまざまな協賛金、そして全国から寄せられた「福岡アジア映画祭基金」によって、すべてが運営されています。しかし、ここ数年、かなりの赤字になっており、このままでは映画祭を続けることが大変困難な状況です。

皆様の温かい募金をお待ちしています。

郵便振替 01790-4-71389
口座名  福岡アジア映画祭基金

☆料金:
前売
(1作品券)¥1400                     
(5作品券)¥6000
(10作品券)¥10000 

当日
(一般)¥1800
(大学・高中・シニア60才以上)¥1000 
4日(土)パーティーチケット¥4000(メールで予約。)

*前売券は、チケットぴあ、セブンイレブン、サークルK(Pコード:466-221)、ローソンチケット(Lコード:86286)、ちけっとぽーと福岡パルコ店、博多リバレイン7Fアートリエなどにて発売中!

◎GUESTS 予定 周格泰(チョウ・ガータイ)監督(台湾)、チョン・ボムシク監督(韓国)、シン・ハンソル監督(韓国)、イ・サンホ監督(韓国)、グルン・ルドラ・バハドゥール監督(ネパール)、田中千世子監督(日本)、前澤哲爾教授(日本)、フランシーヌ・メウール アンスティチュ・フランセ九州館長(フランス)ほか。
◎ゲスト作品については、上映後ティーチ・イン(質疑応答)を行います。

☆主催:福岡アジア映画祭実行委員会 電話092ー733ー0949      
☆映画祭ホームページ http://www2.gol.com/users/faff/faff.html
e-mail: faff@gol.com 

*上映作品、ゲストなどが変更になる場合があります。

後援:協賛各社
提携:西鉄ホール
特別協力:アンスティチュ・フランセ九州

2015-05-20 | Posted in トピックスNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment