香港映画「アウト・オブ・フレーム」ウィリアム・クォック監督ティーチ・イン

「アウト・オブ・フレーム」

中国国内では上映できませんし、このシナリオでは電影局の撮影許可はおりません。しかし中国の芸術家が置かれた状況について知ってもらうために製作しました。撮影は北京で秘密裏に現地の映画関係者に協力してもらいながら実行することができました。現地のスタッフもこういうことには慣れているので問題はありませんでした。今はパソコンのハード等に保存して出国するのでリスクは低いのですが、これがフィルムで作っていたら出国検査で引っかかるので、そういう点でもひと昔前の中国での撮影は相当な覚悟が必要でした、と熱く語る監督。

2017-12-29 | Posted in トピックス, 上映作品, 香港映画No Comments » 

関連記事

Comment





Comment